トップ  >  ★管理会計  >  ■スループット会計  >  ドラムバッファロープ(DBR)
スループット会計 新管理会計

 

ドラムバッファロープ(DBR)   


 スループットを増大するための手法のひとつ。

ロープでバッファを調整し、ドラムでリズムをとり、スピードを調整し、スループットの増大を図るたとえ。
 

軍隊の行進、The Goolではボーイスカウトのハイキングで例にした。、
ボトルネックになる足の遅い子のスピードに従属させるためロープを使って、他の子を同期させることで、全体のスピードが無駄なく、最大限速く進みます。
ロープがピンとはるとそれ以上のスピードはだせない。ピンとはりすぎるとつまづく原因にもなり、ロープの長さは速度の変動幅分のゆとりが必要となる。
 

生産プロセスに当てはめると、ボトルネックになる工程に材料不足になることのないようにし、ボトルネック工程の直前に仕掛や材料をある程度バッファとして確保します。ボトルネック工程の生産量の最大化させます。
他の工程では、生産能力があるからといって、生産すると仕掛が増大します。ボトルネックのスピードと同期し生産することで無駄な仕掛がなくなります。
 

生産ラインへ最初に導入したのは、フォードの自動車組み立てラインのベルトコンベアを連結したことが最初になる。トヨダ自動車は、カンバン方式が導入されロープの役割を果たした。

 

 

4478012199 ザ・ベロシティ

ディー・ジェイコブ スーザン・バーグランド ジェフ・コックス スーザン・バーグランド /ジェフ・コックス

ダイヤモンド社

2010-11-12


 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:64 平均点:4.69
前
TOC改善の5ステップ
カテゴリートップ
■スループット会計

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気