トップ  >  ★管理会計  >  CVP分析
経営分析 CVP分析 損益分岐点

 

CVP分析

   

CVP分析とは、
原価 Cost / 営業量 Volume / 利益 Profit 
の相関関係を分析する手法である。

企業において、短期利益計画を策定するときに用いられる。
 
売上高が増減したときに、原価と利益がどう変化するかについては、伝統的な原価計算、財務諸表では、何の情報も提供してくれない。そのため、原価・営業量・利益の関係を分析するには、CVP分析が必要となる。
 

例えば、売上高が20%アップしたときに、利益も20%増加するだろうか?

そんなことはない!


ではどれだけ増加するのか?
このような関係を明らかにするのがCVP分析である。
 
CVP分析の公式やCVP分析を行うにあたっては、まず、原価を固定費と変動費に分ける必要がある。(このことを固変分解こへんぶんかいともいう)

固定費とは、売上高の増減にかかわらずかかる一定の費用をいい、変動費とは売上高の増減に伴い増減する費用をいう。
  ⇒変動費固定費について

数式で現した方がわかりやすい。

原価 = 変動費 + 固定費

売上高から変動費を控除した残額を「貢献利益」という。

売上高 − 変動費 = 貢献利益

貢献利益 − 固定費 = 営業利益

これらの関係を利用すると、利益がゼロとなる売上高、つまり黒字転換できる売上高を求めることができる。このような売上高を、損益分岐点売上高という。
 
売上高 − 原価= 0

売上高 − (変動費+固定費) = 0

貢献利益 = 固定費

売上 × 貢献利益率 = 固定費

  
∴ 損益分岐点売上高 = 固定費 / 貢献利益率

 
これらの公式は、売上高から変動費を引いた残りの貢献利益で固定費を回収するという考え方をとっている。

例えば、ラーメンの売価650円から材料費300円を引き、残りの350円でお店の家賃の支払に充てる、という考え方である。
 

さらに経営レバレッジ係数について

 経営レバレッジ係数を用いると、売上高の増加率から営業利益の増加率を求めることができる。


経営レバレッジ係数 = 貢献利益 / 営業利益


売上高増加率 × 経営レバレッジ係数 = 営業利益増加率

 
 

CVP分析関連ページ

変動費と固定費

直接原価計算

損益分岐点

 

 

 

 

知識ゼロからの経営分析入門
足立 武志
434490205X

関連する本
知識ゼロからの決算書の読み方
知識ゼロからの人脈術
知識ゼロからの企画書の書き方 (幻冬舎実用書・芽がでるシリーズ)
知識ゼロからの経済学入門
知識ゼロからの会議・プレゼンテーション入門

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:40 平均点:6.00
前
損益分岐点
カテゴリートップ
★管理会計
次
ロジスティクス会計の問題点

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気