経営トップの意思がないと原価管理・管理会計はうまくいかない


原価管理・管理会計をやる意思が、経営トップになければ、原価管理・管理会計をやる意味がない。結果としてうまく機能しない。

「原価管理・管理会計を行い、コストダウンを行う」

経営者トップにこの意思が重要である。

社内の管理職、担当者が、いくらすばらしいしくみをつくっても魂が込められないと多くの工数を使い、結果としてアクションに結びつかず、机上の話に終わってしまう。

失敗している企業の多くの場合が経営TOPのポイントである。思いつきでやろうなんてことを言い出したら最悪である。外部から聞きかじった知識で振り回す経営者も少なくない。