トップ  >  ★原価管理  >  差額原価分析

 

差額原価分析とは?

 


差額原価分析とは、安値受注のような特殊な非反復的意思決定を行うときに、追加的に発生する収益及び原価・費用のみを抽出して差額利益を計算し、迅速な意思決定を行う手法である。

安値受注の例でいえば、従来の計算方法(総額法)では、現在の売価での損益計算を行い、さらに安値受注後の損益計算を行って差額を調査することになり、大変な手間がかかり、経理部門も巻き込んで計算を行わなければならない。

これに対し、差額原価分析(差額法)では、受注によって変化しない原価(埋没原価)は計算上無視し、変化額のみを抽出して差額利益を計算する。この方法によれば、より簡便・迅速に差額利益を計算し、意思決定を行うことができる。
差額法を用いると簡単に差額利益を求められる。特に営業部門での意思決定に有用ではないか?


差額原価分析の例

安値受注
例題:
現在、原価が変動費40円・固定費10円(計50円)の製品を売価65円で100個販売している。このとき、売価45円で20個の追加注文の引合がきた。この引合は受注すべきか?

単純に考えると原価50円の製品を45円で販売すれば赤字となってしまうが、このような場合には差額原価収益分析が必要。
(差額法)
差額収益…45円×20個=900円 :45円で20個販売
差額原価…40円×20個=800円 :変動費のみ追加発生・固定費は追加発生しない埋没原価となる。
差額利益…900円−800円=100円

この分析の結果、差額利益が100円発生することが判明した。追加注文20個は受注すべきである。

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:49 平均点:5.51
前
原価管理とは?
カテゴリートップ
★原価管理
次
特殊原価調査

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気