トップ  >  ★粉飾決算・不正経理  >  不正経理5パターン

行政の不正経理が相変わらず露呈している 

費用の不正経理の5つのパターン



1.架空発注などで業者に現金をプールする「預け」

2.随時納入した後で別名目で一括して支払う「一括払い」

3.契約と異なる物品を納入する「差し替え」

4.年度内の納品を装い、実際には年度を超える「翌年度納入」

5.前年度に納入された物品を現年度に調達したとして装う「前年度納入」

特に1の預けのパターンは問題である。
これが当たり前のように行われていた。
周りが摘発されていい加減まずいと思っても良さそうなのだが、なぜかなくならない。

 会計検査院が26府県と2政令指定都市について、国土交通、農林水産の補助事業の経費を調査した結果、28府県市すべてで、県予算分を含め計20数億円の不正経理が見つかっている。対象期間は2003〜2007年度分

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:33 平均点:5.76
カテゴリートップ
★粉飾決算・不正経理
次
粉飾決算 循環取引

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気