トップ  >  ★予算管理  >  予算管理

予算管理

 

 
予算の意義

 経営計画の策定にあたって、事業計画を作成するすることになる。さらに実行のための「予算」を作成することによって完全な計画となる。 

予算を策定するのは管理者であり、予算と実績の管理(予実管理)においても、その管理者が予算統制を行うことが良いとされいる。

経理部門は予算策定に必要な会計情報を提供し、予算案を取りまとめはするが、あくまでスタッフであり、実際に金額をコントロールするのは現場の管理者である。

予算統制がうまくいくか否かは、現場管理者が予算を策定・管理し、コントロールしていくことで効果がでる。 経理が主導で行われた場合は多くの場合うまくいかない。

 

 

 

予算管理の目的


予算管理には、次のような目的がある。

 

(1)目標管理 

目標を掲げ、その実現に向けて努力することが大事なポイント。企業経営上のアクションを予算策定により具体化し、さらに目標設定し、明確にしていくことが大切である。

 

(2)経営のコントロール 

予算により具体化された経営目標を基準値として、経営をコントロールしていくことができる。(予算実績管理)

 

(3)コミュニケーション機能 

経営計画の達成・実現のためには、他部門との適切なコミュニケーションが必要であるが、それを予算策定・予実績管理を通じて実現することができる。

 

予算編成手続き 

予算編成手続きは以下のような流れになる。

 

予算編成方針(社長)
  ↓  
 販売予算・製造原価予算・販管費予算・金融予算(各部門)
  ↓  
 損益予算(経理取りまとめ)
  ↓  
 設備投資計画、人員計画(損益予算を踏まえて検討)
  ↓  
 資金予算(財務部門)
  ↓  
 予算貸借対照表・キャッシュフロー計算書(経理取りまとめ)

 

  

原価上の予算実績管理 

実績は予算と比較して管理することが重要である。

これ予算実績管理(よじつかんりともいう)という。

原価での予算実績管理は、予算と実績の差異が単価の増減によるものか、数量の増減によるものかを区別して考えることができる。

 

数量差異=(実績数量−予算数量)×予算単価

価格差異=(実績単価−予算単価)×実績数量 

※算定根拠
 実績−予算
 =実績単価×実績数量−予算単価×予算数量 
 =実績単価×実績数量−予算単価×実績数量+予算単価×実績数量−予算単価×予算数量
 =実績数量×(実績単価−予算単価)+予算単価×(実績数量−予算数量) 
 =数量差異+価格差異

 

 

脱予算経営関連ページ 

予算管理の弊害 
脱予算経営 
脱予算経営の指摘 
脱予算経営の成功例1 
脱予算経営の成功例2 
スベンスカ・ハンデルス・バンケン銀行の経営のポイント 
KPI業績評価指標 
研究団体BBRT 
バランススコアカード 
スループット会計 
新管理会計 

 

 

stars 30年前からの脱予算経営

予算管理が当たり前と思っている私には刺激的な本です。成功例で紹介されているスウェーデンの銀行が30年前から脱予算経営は知らなかった。

hReview by 経理マン , 2011/11/12

photo
脱予算経営

ジェレミー ホープ ロビン フレーザー Jeremy Hope
脱予算経営への挑戦    

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:33 平均点:4.55
前
予実管理
カテゴリートップ
★予算管理
次
予算管理の弊害

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気