トップ  >  ★原価計算  >  直接原価計算

直接原価計算


 

直接原価計算とは、原価を変動費と固定費に分解し、売上高から変動費を控除し、貢献利益を算定、さらに貢献利益から固定費を控除して営業利益を計算する方法をいう。
直接原価計算を行うことにより、CVP分析が可能となり原価管理、予算には有意義であるが、財務会計との連動性には工夫が必要である。 

財務会計では、製品原価に間接費を配賦し算定する。そのため、在庫高により、間接費の配賦が増減し利益に影響する。このような問題点は、直接原価計算にはない。

売上高  − 変動費  =  貢献利益
貢献利益 − 固定費  =  営業利益

 

 

全部原価計算と直接原価計算の比較


1.全部原価計算は原価の算定手法として古くから財務会計で認められている。これに対して、直接原価計算は、企業内部の管理会計に用いられている。財務会計で使用するときは一定の補正が必要となる。

2.全部原価計算においては、販売価格−全部原価=利益として計算されるため、売上が上がればすぐに利益が計上されるような錯覚に捉われるが、実際は一定量以上の売上(損益分岐点売上)がないと利益は確保されない。直接原価計算においても、貢献利益を確保しただけでは、固定費が回収される保証がないという問題がある。

3.全部原価計算は固定費込みの原価であるため、比較的長期の価格設定に適しているが、直接原価計算の原価は固定費を含まない原価であるため、短期の価格設定に適している。

直接原価計算から全部原価計算への連動


直接原価計算で求めた営業利益を財務会計で使用するためには、製造固定費の調整を行う必要がある。
期首期末の棚卸資産の固定費部分を利益に加減算する。

全部原価 = 直接原価−期末在庫品固定費+期首在庫品固定費

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:57 平均点:4.56
前
標準原価計算
カテゴリートップ
★原価計算
次
バックフラッシュ原価計算

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気