トップ  >  ★原価計算  >  個別原価計算

個別原価計算 

 

個別原価計算か総合原価計算のどちらを選択するかは、生産形態の違いで決まる。

 

個別原価計算



種類または規格を異にする製品を個別に生産する場合に適用され、ある特定の製品を生産するに際し、その製品にかかる原価を個別に集計する計算方法である。多品種少量生産形態に適する。

受注を受けて個別に生産する
建設業、造船業、印刷業、機械製造業などの種類、形状、規格、品質などの異なる製品を個別に生産する場合は、それぞれ個別に生産するため、別々に計算する個別原価計算が適する。

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:38 平均点:5.26
前
原価計算の種類
カテゴリートップ
★原価計算
次
総合原価計算

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気