ビジョナリーカンパニーとは? 

 

先見性を持った未来志向型企業のこと。

かつ

業界で卓越した企業であり、同業他社間でも広く尊敬を集め、大きなインパクトを世界に与え続けてきた企業でなくてはならない。

 

重要なポイントは

優れた指導者が活躍できる期間を超えてもずっと企業として繁栄し続けることです。

けっして、カリスマ経営者に頼っていないことです。

 

 

ビジョナリーカンパニーの判断基準

 

・業界で卓越した企業である

・見識のある経営者や企業幹部の間で、広く尊敬されている。

・私たちが暮らす社会に、消えることのない足跡を残している。

・CEOが世代交代している。

・当初の主力製品のライフ・サイクルを超えて繁栄している。

・設立後50年以上経過している。

 

以上の条件を満たす企業がビジョナリーカンパニーと定義(ジムコリンズ・ビジョナリーカンパニー)

  

ビジョナリーカンパニー著者ジム・コリンズの調査の結果の定義になります。
 

ただ、かつて 「ビジョナリー・カンパニー」と位置付けられた企業でさえ永遠に続かなす、衰退している企業も多くある。


ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ジム・コリンズ 山岡 洋一