トップ  >  ★管理会計  >  ■アメーバ経営&アメーバ会計  >  京セラ フィロソフィ 2

アメーバー経営を支える「京セラフィロソフィ」

 
京セラフィロソフィとは、京セラの創業者 稲盛和夫氏の経営哲学を指す。具体的に「社是」「経営理念」「経営12ヶ条」「経営を行う上でもっとも重要な七つの言葉の頭文字PASSION」「京セラ会計原則」などがある。



経営12ヶ条


1.事業の目的、意義を明確にする

  公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
 

2.具体的な目標を立てる

  立てた目標は常に社員と共有する
 

3.強烈な願望を心に抱く

  潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと
 

4.誰にも負けない努力をする

  地味な仕事を一歩一歩堅実に、弛まぬ努力を続ける
 

5.売上を最大限に、経費は最小限に

  入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
 

6.値決めは経営

  値決めはトップの仕事。お客様も喜び、自分も儲かるポイントは一点である
 

7.経営は強い意志で決まる

  経営には岩をもうがつ強い意志が必要
 

8.燃える闘魂

  経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
 

9.勇気をもって事に当たる

  卑怯な振る舞いがあってはならない
 

10.常に創造的な仕事を行う

  今日よりは明日、明日よりは明後日と、常に改良改善を絶え間なく続ける。
創意工夫を重ねる。

 

11.思いやりの心で誠実に

  商いには相手がある。相手を含めて、ハッピーであること。皆が喜ぶこと。
 

12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

  常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で。

 

 

社是・経営理念⇒

経営12ヶ条⇒

京セラ会計原則⇒

6つの精進⇒

 

 

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役  稲盛 和夫

関連商品
稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛和夫の経営塾―Q&A高収益企業のつくり方 (日経ビジネス人文庫 (い1-2))
心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために(PHP文庫)
「成功」と「失敗」の法則
稲盛和夫の哲学―人は何のために生きるのか (PHP文庫)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:36 平均点:3.61
前
アメーバ経営を支える京セラ フィロソフィ
カテゴリートップ
■アメーバ経営&アメーバ会計
次
京セラ フィロソフィ 3

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気