トップ  >  ★管理会計  >  ライフサイクル・コスティング

ライフサイクル・コスティングとは?


ライフサイクル・コスティングは、製品やサービスのライフサイクル(生まれてから死ぬまで)で発生する原価を把握すること。ここでの原価は、生産側でのコスト、顧客側でのコストの両方がある。

ライフサイクルでは次の4つの段階にわけることができる

1.研究開発コスト
製品が生まれる前のコストが中心の段階

2.生産・構築コスト
製品が開発され、量産継続され、世の中にでる段階

3.運用・支援コスト
顧客によって使われる間のメンテナンスなどの保守維持

4.退役・廃棄コスト
製品を廃棄する段階

製品やサービスによってさまざまであるが、使用コスト・保守コストは顧客が負担する場合も多い、また廃棄のコストは、最近の環境配慮から使用が高額を負担する場合も多い。


 

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:87 平均点:4.71
前
連結原価管理
カテゴリートップ
★管理会計
次
グループ経営

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気