トップ  >  ★原価管理  >  戦略的原価管理

戦略的原価管理(戦略的コストマネジメント)

 

 

経営戦略遂行のための原価管理
戦略的原価管理では、原価管理を「原価企画」・「原価統制」・「原価改善」の3つに分けて管理する。

 


「原価企画」
予想競争市価−所要利益=許容原価 という算式で許容原価を求める。さらに、許容原価−成行原価=原価削減目標額として原価削減目標額を求め、この目標額を達成するために設計段階まで遡った検討を行うこととなる。
原価企画はトヨタ自動車が1960年代から独自に開発した戦略的利益管理・原価管理手法で、欧米にも広く普及しています。


「原価統制」
原価が一定の幅の中に収まるように、製品の標準化を進めることやコストセンター別の管理を行う。


「原価改善」
日常活動を中心とする原価低減活動であり、PM分析等を通じて改善点をリストアップし、問題解決に向けて努力していくこととなる。

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:70 平均点:5.00
前
原価企画の構成要素
カテゴリートップ
★原価管理
次
内製化

経営管理系サイト ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

資格の大原 行政書士講座

コンテンツ

TOP
★管理会計
■ABM活動基準管理
■バランス・スコアカード
■スループット会計
■アメーバ経営&アメーバ会計
★管理会計関連用語
★経営分析・財務諸表分析
★原価管理
★予算管理
★原価計算
★粉飾決算・不正経理
★景気